Apple Watch Series 2発表!スイミング対応の50m防水、GPS、心拍センサー搭載でよりフィットネス向けに進化

2016/09/08 Apple Watch, ガジェット, フィットネス, 健康管理, 用途でさがす

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ
  2. Fitbit Alta HRを購入しました!ファーストインプレッションと使用していたCharge HRとの比較
  3. ルナルナにも基礎体温データを転送できる「東芝婦人用体温計」
  4. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。
  5. 話題のマインドフルネスや瞑想をこれからはじめたいあなたにオススメのアプリ5選

本日未明に開催されたAppleの発表会で、Apple Watchについても新しい機種の発売が発表されました。そのApple Watch Series 2では50m防水、GPS搭載といった新しい機能が追加され、よりフィットネスで活躍できるデバイスに進化しました。

Apple Watch Series 2 ヘルスケア・フィットネス的進化ポイント

Apple Watch Series 2 - Appleより引用
Apple Watch Series 2 – Appleより引用
  • 50m防水
  • GPS搭載
  • パフォーマンス向上とwatchOS3標準搭載でサクサク

50m防水でスイミング、SUP、サーフでもOK

iPhone7も防水仕様のようですが、Apple Watch Series 2は50m防水です。生活防水の場合の雨や手洗時のちょっとした水濡れOKとは異なり、ザップリ水の中に入れっぱなしでも大丈夫ということです。

そのため、プールでのスイミングや海でのSUP、サーフィン時にもつけていくことができます。

特にスイミングではスイミング用ワークアウトアプリがあるようで、タイムやストロークを計測できるようになります。

GPS搭載で手ぶらランニングOK

内臓GPSが搭載されました。ランニング時にiPhoneを持っていなくても、走行ルートを記録できます。

iPhoneとやりとりするタイムラグもなくなるので素早い表示が期待できそうですね。

パフォーマンス向上とwatchOS 3標準搭載でサクサク

直接的にはあまり関係ないかもしれませんが、Series 2は1よりもCPUとGPUが向上し、2倍以上の処理能力があります。

そこに搭載されるwatchOS 3は2よりもアプリの高速起動、アプリのバックグラウンド使用、コントロールセンターなどで大幅に改善されているので、当初のApple Watchのイメージからはかなりかけはなれた、快適なものになると予想します。

フィットネス用の活動量計としては少し遅れを取っていたApple Watchでしたが、今回のSeries 2では大きな飛躍を果たし、選択肢の一つとして大きなウェイトを占めるのではないでしょうか。

ただ気になるところは心拍センサーとそれに関するシステムの向上について言及されていない点です。Apple Watch初代モデルでも心拍センサーは搭載されていましたが、それに対してフィットネス向けとしては計測の精度と速さが不十分だというユーザーの声が上がっていました。OSの改善でこれも改善していれば、言うことないのですが。続報に期待したいです。

公式サイト:Apple Watch Series 2 – Apple

関連記事

Fitbit Charge HRを半年間使ってみた

心拍センサーとUVセンサーを搭載!進化したASUSの活動量計「ASUS VivoWatch」発売

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ
  2. Fitbit Alta HRを購入しました!ファーストインプレッションと使用していたCharge HRとの比較
  3. ルナルナにも基礎体温データを転送できる「東芝婦人用体温計」
  4. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。
  5. 話題のマインドフルネスや瞑想をこれからはじめたいあなたにオススメのアプリ5選