【Suica決済はできない!】Apple Watch Series 2があれば手ぶらでランニングが可能か?何ができて、何ができない?

2016/09/12 Apple Watch, ガジェット, ダイエット, フィットネス, 健康管理, 活動量計(アクティビティトラッカー), 用途でさがす

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ
  2. ルナルナにも基礎体温データを転送できる「東芝婦人用体温計」
  3. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。
  4. ゲーム感覚で楽しくウォーキングができる歩数計アプリ8つ(iOS)
  5. オムロン機器がついにHealthKitに連携!新データ管理アプリ「OMRON connect」(オムロンコネクト)11月提供開始

Apple Watch Series 2をランニングのために購入したいと考えている方が多いと思います。初代Apple WatchからパワーアップしたSeries 2ならiPhoneを持たず手ぶらでランニングできるか?というところが気になりますよね。何ができ、何ができないのかをまとめました。

Apple Watch Series 2だけでランニングするときにできること

Apple Watch Series 2 - Appleより引用
Apple Watch Series 2 – Appleより引用

持ち物は腕につけたApple Watchだけ。携帯電話も、お財布も家に置いて出かけた場合に何ができるのか一緒に確認してみましょう。

  • GPS内臓!ランニングしたコースを記録できる
  • ワークアウトApp、アクティビティAPPに運動の履歴を記録できる
  • Suica(Felica)でコンビニや自販機で買い物できない※
  • Suica(Felica)で電車やタクシーに乗れる乗れない※
  • 音楽を聴ける
  • (WI-FIスポットがあれば)iMessageを送受信、Wi-Fi 通話できる

※Suicaの出入金にはiPhoneとの通信が必要であり、Apple Watch単体ではできません。

GPS内臓!ランニングしたコースを記録できる

初代Apple Watchから大きく進化した点の一つがGPS内臓です。これにより、GPSでのランニングコースやペース配分の記録のためにiPhoneを持ち歩く必要がなくなります。

ランニング時にスマートデバイスを持ち歩く理由のほとんどがこの「GPS利用による記録」にあると思いますので、これは大きなポイントですね。

ワークアウトApp、アクティビティAPPに運動の履歴を記録できる

GPSと連動して、ワークアウトAPP、アクティビティAPPにて運動履歴を記録できます。

具体的には、加速度センサーかGPSの動きを利用して何分間走ったか、歩いたかといった記録をもとに、消費カロリーや移動距離などのデータを分析できます。

日々の運動状況をiPhoneで管理している場合には、手ぶらで行ったランニングだけ加算されない、という残念なことは困りますよね。

Suica(Felica)でコンビニや自販機で買い物できない

初代Apple Watchから進化した点の2つ目はこのFelica搭載によってSuicaが利用出来るようになったことです。

しかし、これでApple watchのみを持ち歩けば買い物ができるかと思ったらそうではありませんでした。Suicaの使用にはその都度ペアリングしているiPhoneとの通信が必要なのです。

この点はちょっと残念ですね。

Suica(Felica)で電車やタクシーに乗れない

上記同様、Suicaの使用にはiPhoneとの通信が必要なので、当然電車やタクシーにもiPhoneがなければ乗れません。

 

音楽を聴ける

これは初代Apple Watchでも同じですが、Bluetoothのワイヤレスイヤホンを使用して音楽を聴くことができます。

Apple Watch上には2GBまでのプレイリストを一つ保存しておくことができ、いつでも再生できます。

今回同時に発表された純正ワイヤレスイヤホンAir Podsを利用したいところですが、これがどの程度ランニングに適しているかは今の所不明です。

(Wi-Fiスポットがあれば)iMessageを送受信、Wi-Fi 通話できる

しかし気になるのは「誰かと連絡が取れないんじゃ、やっぱり携帯が必要かも?」という懸念ですね。携帯電話によって常に連絡が取れる状態に慣れてしまっているので、少し不安に感じます。

しかしApple Watchは、以前iPhoneが利用したことのあるWi-Fiに単体で接続することができます。ランニングコースにフリーで使えるWi-Fiスポットがあれば、近づくと自動で接続されます。

Wi-Fiに接続すればiMessageを送受信したりWi-Fi通話が可能です。不便ではありますが、必要になれば連絡が取れると思うと「手ぶらでもいいか」と思えます。

Apple Watch Series 2だけではできないこと

やはり通信することは難しいです。フリーで接続できるWi-Fiがあればまだ良いですが、なかなかランニングコースにそれが見当たらないことの方が多い気がします。

また、GPSが使えるとはいえマップを見ることもできません。ランニングは近場に限られそうです。

結論:手ぶらでランニングに行きたいならApple Watch Series 2

というわけで結論です。敢えてですが、「手ぶらでランニングに行きたいなら」、選択肢はあまりなくApple Watch Series 2だと思います。

Wi-Fiに単体で接続できる活動量計は他にはありません。

とはいえ、フリーWi-Fiが必要というところで「Apple Watch Series 2があれば手ぶらでランニングが可能」と断言できないと感じました。それの解消にはWatch側にSIMカードを挿す必要があるので難しいのは承知ですが。

また、今回のSuica搭載によってWatchのみで決済できるとすればかなり感動がありましたが、そうではないということで、それもまた・・・ちょっとがっかり。手ぶらランニングへの道は遠いです。

参考リンク:Apple公式サイト

関連記事

Apple Watch Series 2発表!スイミング対応の50m防水、GPS、心拍センサー搭載でよりフィットネス向けに進化

 

Apple Watch Series 2のNike+モデル、通気性の良い独自バンドがかっこいい!

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ
  2. ルナルナにも基礎体温データを転送できる「東芝婦人用体温計」
  3. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。
  4. ゲーム感覚で楽しくウォーキングができる歩数計アプリ8つ(iOS)
  5. オムロン機器がついにHealthKitに連携!新データ管理アプリ「OMRON connect」(オムロンコネクト)11月提供開始