ついに単独通信が可能に!大幅に進化した「Apple Watch Series 3」予約受付開始!

2017/09/20 Apple Watch, ガジェット, ダイエット, フィットネス, 健康管理, 活動量計(アクティビティトラッカー), 用途でさがす

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ【2015】
  2. スマホと連携できる血圧計11機種まとめ、価格順に特徴や機能を徹底比較!【2017】
  3. アラサー女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ【2017】
  4. 最先端技術、血圧が計れるスマートウォッチ「Project zero」をオムロンが開発中
  5. 20代女子がFitbit Alta HRを三ヶ月使ってみたレビュー【手首の細い方に断然オススメ!】

Appleが9月13日、新作発表会にてアップルウォッチの新モデル「Apple Watch Series 3」を発表しました。eSIMを内臓し、単独での通信・通話が可能になり、大幅に利便性がアップしました!

Apple Watch Series 3の基本情報

公式サイトから引用
メーカー Apple
発売 2017年9月
価格(GPS+Cellular) 4,5800円
価格(GPS) 3,6800円

日本では9月15日から予約を開始し、9月22日に発売されます。

通信手段によって2種類あります。

GPS+CellularモデルはeSIMが内臓され、単独での通信が可能です。また、容量が16Gで、価格は4,5800円〜。

一方、GPSモデルはGPS搭載ですが通信はwi-fiのみで、通信にはiPhoneの経由が必要です。容量は8GBで、価格は3,6800円〜。

そのほかの機能、測定できる項目などは同じです。また、それぞれに本体の大きさが大小2種類選べるほか、様々なカラーバリエーションの本体ケース色、ケース材質、バンド種類が用意されていて、それぞれ値段が異なります。

Apple Watch Series 3の計測可能項目

公式サイトから引用
計測機能
歩数
活動量
脈拍数(心拍数)
最大VO2(最大酸素摂取量、VO2MAX)
睡眠記録
標高
GPS
着信通知
その他 eSIM内臓(Cellularモデルのみ)、Suica機能、アクセシビリティ

心拍センサー、気圧高度計、加速度センサーとジャイロスコープを備えていて、活動量計としても申し分ない性能です。

睡眠記録の詳細についてはまだ明かされておらず、どのような形でデータが取れるのか気になりますね。

Cellular(単独通信)機能について

GPS+CellularモデルはeSIMが内臓されており、電話発着信やメール送受信などがiPhoneなしでも可能です。これはとても嬉しいですね!

つまり、サイクリングやランニング時にiPhoneを持たなくても、緊急の連絡が取れるわけです。でなくとも、ちょっとトイレに行く、コンビニに行くという時にもiPhoneを手にして行く必要がなくなります。

ただしこのeSIM機能を使うにはSoftbank、au、docomoの三社のいずれかと新しくオプション契約をする必要があります。(月額350~500円(税別))

それ以外の格安SIMなどを使っているユーザーはせっかくのCellular機能を使うことができません。その場合はわざわざ三社に乗り換えるか、諦めるか・・・悩ましいところです。

Suica機能(ApplePay)はどちらも搭載

Suica機能(おサイフケータイのような機能)はGPSモデル、GPS+Cellularモデル共に使用可能です。どちらもiPhoneが近くになくても使えます。お財布も携帯も持たずに買い物ができて便利ですね!

車椅子ユーザー向けアクセシビリティに対応

また、Apple Watch Series 3は、車椅子を使っている方がアクティビティを正確に測定できるように、車椅子の様々な操作の仕方や路面の起伏などを考慮に入れています。

車椅子専用のワークアウトも用意されており、2種類から選べるようになっています。

Apple Watch Series 3のビジュアル情報

公式サイトから引用
ビジュアル
ディスプレイ カラー液晶
操作方法 タッチセンサー、デジタルクラウン
見やすさ ★★★
稼働時間 最大18時間
防水 50mの耐水性能
重さ 別表参照
大きさ 別表参照
女性向け ★★★
カラー展開 シルバーアルミニウム、ゴールドアルミニウム、スペースグレイアルミニウム、ステンレススチール、スペースブラックステンレススチール他(バンド種類も多数)

稼働時間は最大18時間となっており、だいたい1日に一度の充電が想定されていると思われます。

防水は50mの耐水性能があり、水泳やシャワーなど真水での使用が可能です。

カラー展開は多様です。ボディ色・ボディ素材、バンド色・バンド素材共に様々なものが用意されており、それによって価格も異なります。

選ぶ楽しみにワクワクしますね。

2種類の本体大きさについて

38mmタイプ 42mmタイプ
38.6mm 42.5mm
33.3mm 36.4mm
厚さ 11.4mm 11.4mm
重さ(GPSモデル) 26.7g 32.3g
重さ(GPS+Cellularモデル) 28.7g 34.9g

本体の大きさは2種類あります。腕の太さで選ぶと良いでしょう。

38mmタイプは手首バンドの必要長さが130~180mmの方にフィットします。また、42mm対応は150~200mmの方にフィットします。

Apple Watch Series 3のデータ管理

データ管理 対応 / アプリ名
Android 非対応
┗ Google Fit
iPhone 対応
┗ Health Kit 対応
PC

Androidには非対応なので気をつけてください。

iPhoneに対応し、HealthKit(ヘルスケアアプリ)と連携します。

Apple Watch Series 3の購入はこちらから

Apple Watch Series 3公式サイト

関連記事

※ 今回のseries 3のリリースにより、2は廃盤となり、1と3の平行販売となるようです。

Apple Watch Series 2発表!スイミング対応の50m防水、GPS、心拍センサー搭載でよりフィットネス向けに進化

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ【2015】
  2. スマホと連携できる血圧計11機種まとめ、価格順に特徴や機能を徹底比較!【2017】
  3. アラサー女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ【2017】
  4. 最先端技術、血圧が計れるスマートウォッチ「Project zero」をオムロンが開発中
  5. 20代女子がFitbit Alta HRを三ヶ月使ってみたレビュー【手首の細い方に断然オススメ!】