面倒くさいとは言わせない!デンタルフロスで虫歯と口臭の原因を取り除こう

2016/01/20 健康管理, 医療・病院

人気のエントリー

Sorry. No data so far.

「歯ブラシの後にデンタルフロスもした方が良いですよ」と歯医者さんに言われたものの、わざわざ買うのも毎日やるのも面倒くさい・・・とスルーしているという方、いらっしゃいませんか?なぜ、歯医者さんがデンタルフロスをオススメしているのか知っていますか?儲けのため・・・だけじゃないんです!その意味と、なるべく面倒くさくなくするコツを伝授します。

デンタルフロスで取り除ける「歯間の汚れ」は歯ブラシには届かない

4637e83695bde9147d923495efdcc788_s

デンタルフロスとは、紐状の専用の糸を歯と歯の間に通して前後させ、そこにある歯間の汚れ、歯と歯茎の間の汚れを取り除くものです。この歯と歯の間、歯と歯茎の間はどうやっても歯ブラシでは届きません。

そのため、歯ブラシにプラスしてデンタルフロスをオススメしているのです。オーラルケアとして同時にオススメされがちなうがいシロップやフッ素の塗り薬は通常のうがいや歯磨きに、文字どおり「プラス」してさらに虫歯を予防するためのものですが、このデンタルフロスだけは「汚れを取るための」、マイナスをゼロに戻すための手段です。

汚れを放置すると歯周病、虫歯、口臭の原因に

歯間の汚れとは、食べもののカスや飲み物の成分が引っかかって固まったものです。それらは口の中でばい菌として繁殖して日に日に細菌の塊に変化していきます。

これらが歯の間に挟まり続けることで歯周病、虫歯の原因となります。また、そのばい菌は、排泄物や生ごみと同じく嫌な臭いを発生させているため、口臭の原因の一つになります。

口臭の原因には口の中のトラブル以外にも胃腸など内臓のトラブルの可能性もありますが、気になる方は手軽なところとしてデンタルフロスで歯間の汚れを取り除いてみてください。

理想は毎日、でも二日に1度、上だけ、下だけでもOK

とはいえ、面倒くさいですよね。でも、ここは重い腰を上げて習慣化してしまいましょう。歯医者さんは夜の歯磨きの後に毎日やるようにオススメすると思います。もちろんそれができれば完璧ですが、自分の生活習慣に合わせて2日に1度、上の歯をやる日と下の歯をやる日に分けてもOKです。

とにかく長い期間放置することがトラブルの原因になります。一週間に一度でもやらないよりやった方が良いです。

スティック型より紐型がオススメ

デンタルフロスにはスティック型と紐型の二種類が販売されています。私は断然、紐型がオススメです。

ライオン DENT.EX ウルトラフロス S10
ライオン
売り上げランキング: 1,670

↑スティック型とはこのようにプラスティックの柄にフロスが張られているものです。歯ブラシのように柄を持ってできるので手が汚れにくいという利点はあるのですが、フロスをするときに歯の形状に合わせて挿入するときや左右に動かして汚れを取る際に力が入りすぎて歯肉を傷つけてしまうことがありました。

また、フロス部分が2センチくらいしかないので、上下の歯で一本ずつ使用してもその2センチのフロスを何本もの歯に使うことになります。そのため、取れた汚れを落としながら、ちぎれないように気をつけながらやる必要があります。

リーチ デンタルフロス ワックス 50m
ジョンソン・エンド・ジョンソン (2004-06-23)
売り上げランキング: 649

↑このような紐状のものは40センチほどで切って左右の指に巻きつけてフロスします。指で直接操作するので細かく動かしやすく、また、もし引っかかってしまっても抜けやすいです。

また、長いフロスを少しずつ左右の指から指へ巻き取りながら使えば常に清潔なところを次の歯に使用できます。取れた汚れを次の歯の間に戻すリスクがないので安心です。

このREACHのジョンソンエンドジョンソンのシリーズは私が信頼する矯正歯科の先生にオススメしてもらったものなので、間違いないと思います。50mで582円(2016年1月現在)ですが、上記のように数日に一回程度なら半年くらい使えます。

フロスをした人にしか味わえない爽快感!

d2f8309efc8c751fdd8bab049ae70aa5_s

フロスが終わった後は、今まで磨ききれていなかった歯と歯肉の間もすっきりつるつるになっていることが舌の感触でわかります。歯医者に行った後の歯のつるつるが自分でもできるのは嬉しいですね。

気になる臭い汚れが取れるという爽快感もあって、今まで面倒に感じていた人でも病みつきになってしまう人もいるようです。

ぜひ、大切な歯を長持ちさせるためにもデンタルフロスを習慣にしてみてください。

関連記事

フロスを習慣化して歯周病予防するための機器「Flosstime」がKICKSTARTERで資金調達中

歯科医のお父さんが娘の虫歯予防に開発した「歯磨き貯金」アプリ

人気のエントリー

Sorry. No data so far.