ガーミン「fenix 5 シリーズ」が予約停止と発売延期、新たな発売日は未定

2017/03/20 ガジェット, ダイエット, フィットネス, 活動量計(アクティビティトラッカー), 用途でさがす

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ
  2. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。
  3. ルナルナにも基礎体温データを転送できる「東芝婦人用体温計」
  4. ゲーム感覚で楽しくウォーキングができる歩数計アプリ8つ(iOS)
  5. 血管を透視できる医療用照射機械「VeinViewer」携帯可能な小型タイプも

ガーミンから2017年3月と4月に発売が予定されていた活動量計の「fenix 5 シリーズ」が、生産上の都合で予約停止と発売延期になっています。新たな発売日は未定です。

「fenix 5 シリーズ」の予約停止と発売延期

fenix3シリーズの後継の活動量計のシリーズです。fēnix 5S、fēnix 5、fēnix 5Xの3機種が2017年3月と4月に発売予定となっていましたが、2月23日にそれらの予約停止と発売延期が発表されました。

理由は「生産上の都合」とされていて、その後の新しい発売予定のアナウンスはありません。

3つの機種ごとの特徴

fēnix | Garminより引用
fēnix | Garminより引用
fēnix 5S fēnix 5 fēnix 5X
価格 64800 74800 99800
稼働時間 12 時間GPS 21 時間GPS 20 時間GPS
稼働時間 28 時間UltraTrac 44 時間UltraTrac 30 時間UltraTrac
プレロード地図 プレロード地図
色展開 ホワイト、グレイ サファイア(ブラック) サファイア(ブラック)
直径 42mm 47mm 51mm
重量 67.0 g 87.0 g 98.0 g
内蔵メモリ 64 MB 64 MB 16 GB
交換バンド なし 付属 付属

3機種とも、歩数、活動量、脈拍、睡眠記録、消費カロリー、標高、GPS、着信通知の測定機能が搭載されているハイスペックなシリーズです。

fenix 5sは最も小さいタイプ。fenix 5は5sよりも大きく、そのぶん電池が長持ちです。

さらにfenix 5xは内蔵メモリが16GBあり、地図をオフラインに保存することが可能です。これにより、電波の届かないところでも地図を確認することができます。

関連記事

心拍とGPSも!ライフログから各種スポーツまで対応する全部入りスマートウォッチ「GARMIN VIVOACTIVE J HR」

スタイリッシュなGARMINの活動量計vivosmartのGPS付きタイプ「vívosmart® J HR+」

 

 

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ
  2. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。
  3. ルナルナにも基礎体温データを転送できる「東芝婦人用体温計」
  4. ゲーム感覚で楽しくウォーキングができる歩数計アプリ8つ(iOS)
  5. 血管を透視できる医療用照射機械「VeinViewer」携帯可能な小型タイプも