コスパ最強!GPS、心拍数計搭載で一万円以下の活動量計「HUAWEI Band 2 Pro」他がリリース

2017/09/07 ダイエット, フィットネス, 健康管理, 用途でさがす, 睡眠向上

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ【2015】
  2. アラサー女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ【2017】
  3. スマホと連携できる血圧計11機種まとめ、価格順に特徴や機能を徹底比較!【2017】
  4. コスパ最強!GPS、心拍数計搭載で一万円以下の活動量計「HUAWEI Band 2 Pro」他がリリース
  5. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。

パソコン、タブレットのメーカーとして有名なファーウェイ(HUAWEI)から新しい活動量計がリリースされました!GPS、心拍数計搭載で一万円以下、という驚きのコスパの「HUAWEI Band 2 Pro」です!

基本情報

プレスリリースより引用
メーカー ファーウェイ・ジャパン
発売 2017年9月
価格 4946円/9980円

HUAWEI band 2とHUAWEI band 2 Proが同時に発売となり、前者が4946円(2017年9月 amazonでの販売価格)、後者が9980円(市場想定売価)です。

HUAWEI band 2はEC限定モデル。どちらも9月8日発売です。

計測可能項目

プレスリリースより引用
計測機能 HUAWEI Band 2 HUAWEI Band 2 Pro
歩数
活動量
脈拍数(心拍数)
最大VO2(最大酸素摂取量、VO2MAX)
睡眠記録
標高
GPS
着信通知
その他  呼吸コーチ 呼吸コーチ、HUAWEI TruSleep

2機種とも共通して、歩数測定、心拍数測定、睡眠記録、着信通知といった基本的に高性能な機能が備わっています。

HUAWEI band 2になくHUAWEI band 2 Proにある機能はGPSの搭載、HUAWEI TruSleep(睡眠モニタリング)、最大VO2測定です。これらの機能がついて一万円以下、という価格は他の機種と比べると破格だと思います。

また、それらの備わっていないHUAWEI band 2でも心拍数測定、睡眠記録があり5000円以下ですからかなりお買い得です。

なお、HUAWEI TruSleepとは入眠・目が覚めた時間、浅い眠り、深い眠り、REM(レム睡眠)を含むユーザの具体的な睡眠構造図を記録する機能です。

ビジュアル情報

プレスリリースより引用
ビジュアル 共通
ディスプレイ モノクロ液晶
操作方法 タッチセンサー
見やすさ ★★☆
稼働時間 約21日間
防水 5気圧防水
重さ 約21g
大きさ 44×19.7×10.3 mm
女性向け ★★★
カラー展開 ブラック、レッド(レッドはProのみ)

本体の仕様はHUAWEI band 2、HUAWEI band 2 Proで大きな違いはありません。縦型長方形の液晶が中心のリストバンドのような形状です。画面はモノクロで、タッチセンサーになっています。

稼働時間は最大21日間と長く、5気圧防水で水泳も可能。

カラー展開はHUAWEI band 2がブラックのみ、HUAWEI band 2 Proがブラックとレッドの2種類です。

データ管理

データ管理 対応 / アプリ名
Android 対応
┗ Google Fit 不明
iPhone 対応
┗ Health Kit 不明
PC

購入はこちらから

Huawei Band 2

¥ 4,946(2017年9月現在)

ブラックのみ

Huawei Band 2 Pro

¥ 10,778(2017年9月現在)

ブラック、レッドの2種類

関連記事

スマートウォッチでありながら心拍測定にGPSも!「HUAWEI WATCH 2」発売

お手軽価格なのに5気圧防水でリアルタイム心拍測定が可能な「HUAWEI FIT」

 

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ【2015】
  2. アラサー女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ【2017】
  3. スマホと連携できる血圧計11機種まとめ、価格順に特徴や機能を徹底比較!【2017】
  4. コスパ最強!GPS、心拍数計搭載で一万円以下の活動量計「HUAWEI Band 2 Pro」他がリリース
  5. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。