チューブが睡眠時の気道を確保していびきを改善する「ナステント」が低コスト化に向けたクラウドファンディング実施中

2016/08/15 ガジェット, 用途でさがす, 睡眠向上

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ
  2. Fitbit Alta HRを購入しました!ファーストインプレッションと使用していたCharge HRとの比較
  3. ルナルナにも基礎体温データを転送できる「東芝婦人用体温計」
  4. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。
  5. 話題のマインドフルネスや瞑想をこれからはじめたいあなたにオススメのアプリ5選

睡眠時に鼻に挿入することでいびきを改善する「ナステント」が、これまでの課題だったコスト面でのデメリットを軽減するため、一週間連続使用できるタイプの開発とクラウドファンディングを実施中です。

いびきの原因となる気道の閉塞を防ぐナステント

main

いびきに悩む人は多く、家族や隣人に迷惑をかけるばかりか自分自身も睡眠不足や無呼吸症候群など体調不良となってしまう可能性もあります。

社長がいびきに悩んでいたことからseven dreamers laboratories株式会社が開発したナステントは、そんないびきの原因である気道を鼻から挿入するチューブによって閉塞しないようにする一般医療機器です。

効果はある、でもコストが・・・

sub1

Amazonのレビューなどを見ると、多くの方が「効果を感じたが、コストが高い・・・」とコメントしています。

現在販売中のナステントは1回限りの使い捨てで、7本セット4,536円(2016年8月、Amazonにて)。

1日あたり622円、1ヶ月で18,144円かかる計算になります。

もちろん重いいびきの患者さんや、ナステントがなかった時は無呼吸症候群用の機械を装着していた方からすると払えないほどのものではないですが、毎日の快眠のためにとなると負担を大きく感じる方が多いようです。

コストを約半減させる1week(仮)開発のためのクラウドファンディング実施中

sub2

そのコスト問題を軽減させるために開発され、現在具体的な商品化へ向けた資金調達のために「ナステント 1week(仮)」という題名でクラウドファンディングが実施されています。

クラウドファンディングサイトによると、ナステント1week(仮)は2017年初旬に発売する予定で開発を進めていて、一ヶ月分10,000円となる想定です。

これにより、1日あたりのコストは333円ほどとなり、これまでの使い捨てと比べると約半額になります。

今回調達するクラウドファンディングでの資金は殺菌方法、保存方法を確立や鼻腔挿入のための滅菌潤滑剤の開発に使われます。

CFサイト史上最速、たった23時間で目標金額1000万円を達成

なんとこちらのナステント1week(仮)のクラウドファンディングがCFサイトmakuake史上最速の23時間で目標金額1000万円を達成しました。

いびきに悩むユーザーの期待が高いことがわかりますね。

このクラウドファンディングは10月28日まで実施されます。リターンには製品される1week(仮)だけでなく、まだナステントを試したことのない方向けに使い捨てナステントで装着感やサイズを確かめられる「お試しセット」コースもありますので、気になる方は支援してみてはいかがでしょうか。

情報元:「ナステント1week(仮)」、クラウドファンディング「Makuake」で 目標額1,000万円を最速23時間で達成の新記録樹立|セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社のプレスリリース

関連記事

眠れない原因を突き止める、睡眠記録デバイス「Sence」

朝になると自動でカーテンを開けてくれるスマートデバイス「mornin’」話題沸騰で品切れ中

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ
  2. Fitbit Alta HRを購入しました!ファーストインプレッションと使用していたCharge HRとの比較
  3. ルナルナにも基礎体温データを転送できる「東芝婦人用体温計」
  4. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。
  5. 話題のマインドフルネスや瞑想をこれからはじめたいあなたにオススメのアプリ5選