こめかみに当ててピッと計れるスマホ対応体温計「Thermo」で検温がぐっと簡単に

2016/01/07 ガジェット, 健康管理, 医療・病院

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ
  2. ルナルナにも基礎体温データを転送できる「東芝婦人用体温計」
  3. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。
  4. 血管を透視できる医療用照射機械「VeinViewer」携帯可能な小型タイプも
  5. ゲーム感覚で楽しくウォーキングができる歩数計アプリ8つ(iOS)

CES 2016で、最も理想的な体温計が展示されてたようです。その名も「Thermo」。こめかみに当てて2秒で検温でき、データはスマホに記録されるスマート体温計です。これがあれば、毎日の体温管理がぐっと簡単になりそうです。

赤外線センサで2秒間に数千回測定

スクリーンショット 2016-01-07 15.14.17

測定方法がその速さの秘密です。赤外線さを搭載し、2秒間に計測した数千回の値の平均を分析します。一般的な脇に挟むタイプでは早くても30秒ほどの時間が必要でした。

計測した値は本体に表示され、すぐに確認できます。

データをスマホで管理できる、家族にも対応

計測したデータは、wifiもしくはBluetooth経由でスマホに送られます。アプリのカレンダーやグラフで管理でき、複数の人が共有することも想定されていて計測前に本体側で計る人の名前を選択できるので個人ごとにデータを管理できます。

子供の検温も簡単

スクリーンショット 2016-01-07 15.17.56

大人でもスマホでデータが管理でき便利なThermoですが、小さなお子様には特にオススメです。服を脱ぎ着せずに頭だけで体温測定が可能で、それもたったの2秒です。

開発企業「Withings」とは?

このThermoを開発しているWithingsは、フランスに拠点を置いてlotを中心に開発している企業です。アナログ時計形のスマートウォッチ、文字盤までスタイリッシュな体組成計などが有名です。

日本での発売は?

残念ながら日本での発売は未定です。フランスではこの春出荷予定になっており、順次日本でも発売すると予想されています。値段は100ドルです。

日本での発売に期待ですね。

日本で使えるスマート体温計の情報はこちら

iPhone / HealthKit対応の体温計・体重計で体調管理を手軽に

参考リンク

人気のエントリー

  1. 26歳女子がマジで比較!本当に使える生理周期管理アプリまとめ
  2. ルナルナにも基礎体温データを転送できる「東芝婦人用体温計」
  3. カメラで脈拍を測るアプリはどのくらい正確なのか?検証しました。
  4. 血管を透視できる医療用照射機械「VeinViewer」携帯可能な小型タイプも
  5. ゲーム感覚で楽しくウォーキングができる歩数計アプリ8つ(iOS)