亜鉛やテストステロン量など、精液の成分を検査し妊活・不妊治療などに役立てる「精液の成分研究プロジェクト」が協力者募集中

株式会社ダンテは亜鉛やテストステロン量など、精液の成分を検査し妊活・不妊治療などに役立てる「精液の成分研究プロジェクト」を開始し、クラウドファンディングサイトReadyForでデータ収集の協力者を募集中です。

「精液の成分研究プロジェクト」とは

プレスリリースより引用

株式会社ダンテと順天堂大学と広島大学が行った研究によると男性の精液の成分と生活習慣や体調などの健康コンディションと密接に関わっているということが明らかになったそうです。
そしてそれを、一般ユーザーの健康管理に役立てるための検査として確率すべく、その検査キットを開発し、現在データベースを構築するという段階です。

他の精子チェックキットとは異なる!

当サイトでも以前、一見同じような男性の精液をチェックするキットを紹介しました。
「テンガメンズルーペ」、「seem」です。
http://h-gadgets.com/tenga_mens_loupe/
http://h-gadgets.com/seem/
しかしこれらは精子の濃度や運動率をチェックするもので、精液の成分はわかりません。
今回紹介する「精液の成分研究プロジェクト」ではテストステロンや亜鉛の濃度などがわかります。

「精液の成分研究プロジェクト」の検査項目

「精液の成分研究プロジェクト」のReadyForページによると、その検査項目は

  • 亜鉛
  • テストステロン
  • スペルミン
  • クレアチン

の4種類です。
支援者が返送した精液を分析し、アンケートとともにデータベースづくりに役立て、郵送検査キットとして開発を進めていくとのこと。
支援者へのフィードバックは個人の検査の結果のほか、プロジェクトの報告書として全体の平均値やデータから見た男性年齢などをまとめたものが送られる予定です。

クラウドファンディングは2017年11月16日まで

プレスリリースより引用

このクラウドファンディング世界初!精液を男性の検査として確立させたい!は2017年11月16日までのチャレンジです。
この新しい精液分析の可能性が気になる方はぜひチェックして見てください。
世界初!精液を男性の検査として確立させたい!