センサーが赤ちゃんのうつ伏せ寝をお知らせ!睡眠センサー「IBUKI」

睡眠中の赤ちゃんや成人の低呼吸状態をモニターする睡眠センサー「IBUKI(イブキ)」が一般向けに販売を開始しました。
装置を体に接触させる必要がないため、赤ちゃんに不快感を与えることなく、睡眠を見守ります。

赤ちゃん・成人の非接触睡眠センサー「IBUKI(イブキ)」とは

IBUKI公式サイトより引用

「IBUKI(イブキ)」は株式会社リキッド・デザイン・システムズが開発した睡眠センサーです。長さ30センチほどのエアパット(感知器)と本体(リモコン)からできています。このエアパットをベッドに仕込み、赤ちゃんや成人がその上に寝ている最中に呼吸の異常を感知した時にアラートを発信します。
アラートはBluetoothの届く範囲ならiPhoneにも通知を送ることができ、赤ちゃんや成人の見守りの際の補助装置として役立ちます。

赤ちゃん・成人の非接触睡眠センサー「IBUKI(イブキ)」の特徴

  • 特許技術のエアパットによる呼吸、心拍数、体動が計測できる
  • スマホ連動によるアラート通知と記録の管理ができる

特許技術のエアパットによる呼吸、心拍数、体動が計測できる

エアパッドは空気の残留がある状態で赤ちゃんや成人がその上に乗ることで、その呼吸や体動による空気圧の変化を無指向性マイクロフォンまたは圧力センサーにより検出する仕組みです。
これにより呼吸、心拍数、体動などを計測することができ、それらに異常を認めた場合にアラートを発信します。
エアパッドは長さ30センチほどと小型。ベッドそのものや布団そのものに細工する必要がなく、持ち歩きも容易な小型のため、低価格でハードルも低く導入できます。

スマホ連動によるアラート通知と記録の管理ができる

iTunesより引用

IBUKIは専用iPhoneアプリがあり、それをダウンロードすることでアラートの通知をiPhoneでも受け取る、IBUKIが計測しているデータをリアルタイムで確認できる、といった機能があります。
IBUKIから送られた睡眠中の様子は最長1週間、連続的にスマホアプリに記録されます。
iTunesより引用

1時間毎に平均呼吸回数、体動回数、呼吸注意回数を表示したり、ヘルスケアアプリに記録を転送したりとアプリならではの機能が使え、便利です。
ただし、スマホ連携のためにはiPhoneとIBUKIをBluetoothが届く距離内(5m以内)に保つ必要があり、注意が必要です。

購入は公式サイトから

現在、購入は公式サイトからのみです。
睡眠センサーIBUKI公式サイト
価格は30,000円。(限定100台を先行特別価格19,800円(税込))(2017年8月現在)

関連記事

http://h-gadgets.com/wakeout_app/
http://h-gadgets.com/mornin_-curtain/